ジョーモ 顔

MENU

ジョーモは顔のうぶ毛が気になるとき使っても大丈夫?

 

ジョーモはスプレーを吹きかけるだけで簡単にしっかりムダ毛処理ができる新感覚除毛スプレーです。

 

SNSでも話題沸騰、楽天ランキングでも「総合・女性部門」「美容・コスメ・香水部門」「脱毛剤・ワックス・クリーム部門」「ボディケア部門」にて栄えある4冠を果たしたジョーモ。
肌にも優しい成分がたっぷり配合されておりエステ知らずになれるアイテムとして注目を集めていますが、全身に使えると評判のジョーモは顔のうぶ毛にも使用することができるのでしょうか?

 

残念ながら、ジョーモはボディ用除毛スプレーのため顔に使用することはできません。
公式サイトでも肌の敏感な顔まわりについての使用は控えるようにとの記載があります。

 

除毛剤は自宅でムダ毛処理が行える便利な美容アイテムですが、ほとんどのものがボディ専用です。
どの商品も顔への使用は禁止されています。

 

ジョーモを顔に使うとどうなる?

 

ジョーモの除毛有効成分はチオグリコール酸カルシウムと呼ばれる医薬部外品成分です。
このチオグリコール酸カルシウムが体毛を溶かしてくれることでムダ毛が除去されるのですが、当然ながら同じタンパク質である皮膚への負担も避けられません。

 

皮膚がしっかりしているボディならば、定められた周期で正しく使えば肌の健康を保てます。
しかし顔はとくに皮膚が薄くデリケートなため、除毛剤を使用すれば肌のトラブルに繋がる可能性が非常に高いのです。

 

もし肌に問題が起きなかったとしても、洗い流す時に除毛有効成分が目へ入ってしまう危険性もあります。
眼球もまたたんぱく質でできており皮膚以上に繊細であるため、最悪の場合には失明してしまうこともありうるでしょう。

 

どんなに優秀な除毛剤であっても、それを顔に使用するのは非常に危険な行為なのです。

 

顔のうぶ毛はどう処理すればいい?

 

ジョーモが使用できないとなると、顔のうぶ毛はどのように処理をするのが良いのでしょうか。

 

もっともお手軽で手っ取り早いのは、やはりカミソリを使用することでしょう。
自分の顔に刃を当てることに不安がある場合には電気シェーバーの使用もおすすめです。

 

うぶ毛を剃るには前準備も必要となります。
最適なタイミングは、肌が清潔で柔らかくなっているお風呂上がりです。
少し汗をかくくらいにお湯に浸かってからであれば、毛穴が広がりうぶ毛が立つため、処理をするのに最適な状態となります。

 

お湯に浸かる時間がない場合は、蒸しタオルで顔をパックすることでもお肌を柔らかくすることが可能です。
とくにカミソリの場合は乾いたままで処理をすると肌が傷ついてしまうため、前準備はしっかりしましょう。

 

シェービングクリームを顔に塗り準備が整ったら、うぶ毛の流れに逆らうようにして剃ってください。
そうすることで、うぶ毛を根元から処理することができるようになります。

 

他にも顔用ワックスシートによるうぶ毛処理もおすすめです。

 

ワックスが塗られたテープ状のシートをお肌に貼ると、剥がす時にうぶ毛が一緒に抜けるため、非常に安全に使用ができます。

 

空気を抜きながら貼る、一気に剥がす、などのコツさえつかめば、うぶ毛を毛根から処理できる方法です。
剃るより長い期間つるつるのお肌が保てるので、こまめに剃るのが面倒な方にはワックスシートが向いています。

 

顔のうぶ毛を正しく処理して、ワントーン明るい顔を目指しましょう。